実践医院紹介

きしもと刈谷矯正歯科

名駅メルサ歯科・矯正クリニック

銀座コア歯科・矯正クリニック

岸本雅吉の公式ホームページ

医療法人メディアのブログ

患者様からの声

携帯サイト

Flash版のトップページはこちらから

歯並びを崩す顎と歯の成長のアンバランス

しかし、現代っ子たちの歯並びを見ていると、必ずしも6歳臼歯がまっすぐに生えてきてはいません。逆にほとんどの子供が、曲がったり傾いたりして生えてきています。

 

では、なぜ6歳臼歯がまっすぐに生えてこないのでしょうか。それは歯が生える時期に、顎の奥ゆきの成長が十分ではないからです。

 

子供が健康に成長していれば、年齢に応じて顎の骨が成長し、それに合わせて歯も生えてきます。乳歯が生えそろうころには、それに合った大きさの顎になり、永久歯が生えそろうころ、歯が十分並ぶ大きさの顎に成長しています。

 

たとえば乳歯が20本生えそろうのは3歳ころですが、乳歯が生えそろっても顎の骨は成長を続けています。そこで乳歯のあいだにすき間ができ、すきっ歯になります。しかしこれは健全な成長で、むしろすき間のない歯は顎の成長が遅れているしるしになります。顎の成長が遅れて、6歳臼歯が生えるときに顎に奥行きがないと、6歳臼歯は傾いたまま生えてきます。これが歯並びを悪くするきっかけになるのです。

 

話をわかりやすくするために、乳歯から永久歯の生え変わりがどのように行なわれるのか、簡単に説明しておきましょう。乳臼歯の歯根は、永久歯と違って平らで下が広がった形をしており、この中に、次に生える永久歯の芽ができています。永久歯が乳歯の歯根の中で育つと、乳歯の歯根は永久歯に吸収される形でなくなり、下から押されるようにポロッと抜けます。そして、永久歯が顔を出すわけです。

 

ところが、顎が小さい状態で6歳臼歯が生えてくると、その前に並んで生えている第二乳臼歯を圧迫します。そうなると乳臼歯の根っこは押され、その下から生えてくる永久歯(第二小臼歯)も押されて傾きながら生えてきます。この影響を前の歯が順に受け、歯並びが乱れてくるのです。このように、顎の骨の成長と歯の発育の足並みがそろっていないことが、歯並びを悪くする大きな原因になります。

 

歯は、ある年齢がくれば自然に生え変わります。ところが、骨の成長はそういうわけにはいきません。その人の環境などにより、個人差が大きいのです。たとえば母乳で育った子供と哺乳瓶で育った子供では、乳歯が生える段階ですでに顎の大きさが違っていることがあります。さらに、その後の食生活によって、顎の成長は影響を受けます。軟らかいものばかり食べていれば骨はきたえられませんし、カルシウムの摂取量が少なく、運動をしない子供もあまり発達しません。つまり、環境や食生活に大きく左右されるのです。
こういう子供は、6歳になっても本来必要な顎の大きさを確保できず、6歳臼歯がやっと生えるような狭い口腔のまま、永久歯への生え変わり時期を迎えてしまいます。

 

また顎の骨は、うしろにあるえらの方向に伸びて成長していきます。ところが、そこが成長していないと、第一大臼歯のうしろに生えてくる第二大臼歯や第三大臼歯(親知らず)の生えてくるスペ−スがなくなってしまいます。そこで第二大臼歯や第三大臼歯は倒れたり曲がったりして生えてきて、新たな歯並びの異常をつくるのです。

 

<< 前ページへ戻る                   次ページへ進む >>

目次リストへ  

トップヘ