「床矯正」の問題点

 まえがきでも述べたように、現在では歯を抜かずに矯正するという当たり前の治療が、ようやく認知されてきました。私のように抜かない治療を行なう矯正医も増えてきました。しかし、歯を抜かなければ、すべてよしというわけでもないのです。そこには、新たな問題も発生しています。

 たとえば、顎を広げて歯を並べる「床矯正(しょうきょうせい)」という治療が行なわれていることです。歯並びが悪い人は、顎が萎縮して歯が並ぶスペ−スがない。そのため歯がデコボコになっているのだから、顎を横に広げてスペ−スをつくり、きれいに並べるというのが床矯正の考え方です。

 たしかにこれなら、歯を抜く必要はありません。顎が広がるので、前歯はきれいに並びます。しかし歯は、ただきれいに並んでいればいいというものではありません。1本1本の歯には、顎関節機能に調和してあるべき正しいポジションがあります。この床矯正では三次元的なコントロ−ルをしていないため、あとになって顎関節機能から見て歯のポジションが狂ってしまうのです。なぜなら、左右の直立はされても、後方の、つまり奥歯の直立がされていないからです。

 さらに、顎を横に広げて歯を並べるためには、本来の正しい幅よりもっと広げなければなりません。なぜかといえば、歯が倒れたままだからです。あとで詳しくお話しますが、歯並びが悪くなる最大の原因は、歯が奥歯から「押しくらマンジュウ」のように押されて倒れてしまうからです。その結果、前歯が影響を受けて、ガタガタになるのです。

 床矯正では、そうした倒れたままの歯をきれいに並べるには、本来の顎の位置よりも広く広げなければならないのです。つまり歯はきれいに並んでも、顎関節や頭蓋、全身から見て、三次元的に本来の正しい位置ではないのです。しかも倒れたまま並んでいますから、しっかり噛めません。また上下の顎を別々に広げるために、上下のかみ合わせが狂ってしまうこともあります。

 こうした状態で毎日食べ物を噛んでいると、しだいに体調が悪くなってきます。なぜなら床矯正は、歯並びを悪くしている根本原因を解決せずに、前歯をきれいに並べるだけの対症療法だからです。

 といっても私は、床矯正をすべて否定するわけではありません。歯を抜かないで矯正するという基本的な考え方は同じで、歯を保存するという最も大切な立場から考えると、すばらしいものだと思います。

 また床矯正自体は歴史のある治療法で、きちんとした矯正技術をもつ歯科医が早期に一時的に症状を緩和する目的で使うなら効果的といえます。実際に私も、顎関節機能検査のもとで必要に応じて使うこともあります。しかし現実には、あまり技術のない歯科医が短期の講習を受けただけで床矯正のみの治療を行っている例も見られます。床矯正だけで、本格的矯正を行なわずに放置すると、あとで問題が起きることがあり、その後の対応ができず危険なわけです。

<< 抜粋記事一覧
トップへ