患者様からの声

症例 年齢 動的診療期間
 下顎前突症  16歳0ヶ月 女性  2年11ヶ月

上顎前突症

治療を終えて

ご本人感想

※画像をクリックすると拡大します

私は矯正治療を小学3年生の頃からやっていました。
初めは地元の歯医者でやっていたのですが不完治のまま終了し、もう歯を抜いて骨をけずるしかないと言われあきらめていました。そんな中、母が岸本先生の本を見つけてくれてメルサ矯正歯科を知り通うことになりました。
初めの説明会で、様々なリスクを聞いたり複雑な装置を見せられて恐くなり矯正を始めるかかなり迷いました。一度矯正で失敗していることもあって、大変な思いをして治らなかったら…という不安もかなりありました。
結局矯正を始めることにして、かみ合わせもきれいに治り本当にあの時決断してよかったと思っています。でも治療中の約3年間はとても辛かったです。
歯のすき間をあけた時、初めての痛みで苦しかった…上アゴを広げるための装置、食べづらくて、しゃべりづらくてかなり嫌でした…(笑)
そして私が一番辛くて抵抗があったのは、ゴムかけの装置です。初めて付けられたときは痛いし嫌で嫌で家で泣いていました。毎月歯医者に行く度に、歯が痛くなってものを食べられなくなったのはとても辛かったです。
矯正中はかなりやせました。歯に装置がついていることがコンプレックスに思っていたこともたくだんありました。
私は矯正期間中、高校生だったのですが、休み時間が短かったりテストがとても多くて時間がなくても歯磨きとゴムかけをすることはとても大変でした。毎月電車に乗って名古屋まで通うのも大変でした。
あと、私はねん土のようなもので歯の型をとるやつがすごく苦手でした。上下の歯に輪ゴムがかけられたときは一体どうなってしまうんだろう…と思いました。矯正中は蒸しパンとかプリンとはおかゆ生活。痛くてイライラしてしまう時もありました。思い出すと、正直辛くて嫌なことだらけだった気がします…。
でも、こうやって振り返えられるのは、治療が無事終了して、整った歯並びを手に入れることができたからです。昔は歯を気にして思い切り笑えないこともあったけど、今は歯を見せて思い切り笑えます。友達からもうらやましがられます。
もっと早くに…と思ってしまいますが、メルサ歯科に通ってよかったし、岸本先生に会えて本当によかったです、いつも処置してくださった看護士さんにも感謝しています。そして、メルサ歯科を見つけてきてくれて、高い治療費を払って矯正をさせてくれた親にも感謝しています。本当にありがとうございました!

ご家族感想

※画像をクリックすると拡大します

長い間診て頂きまして、ありがとうございました。
おかげ様で希望通りに治して頂くことができました。知り合いなどに歯並びなどで困っている人がいましたら是非とも紹介したいと思います。

スタッフ所感
感想文にもありますが、以前、小学校3年生から6年間矯正をしていたそうですが、結局受け口は治らないまま不完治な状態で終わってしまったそうです。
その後理事長の著書「抜かずに治す歯並び」と出会い、当院での治療が開始しましたが、歯が動く時の痛みや歯磨き、ゴムかけなど辛く大変な日々だったとのことでした。しかし、その辛さに耐え治療が終わった今は、しっかりと咬むことができ、歯を気にせずおもいっきり笑うことができると大変満足してみえました。
友達にもうらやましがられるとのことです。

患者様からの声